お花のあれこれ質問掲示板   お花の育て方   ラインでお友だち登録しよう!

春の花 玄関におすすめ 夏の花 玄関におすすめNEW! 秋の花 玄関におすすめ 冬の花 玄関におすすめ
ベランダにおすすめ ベランダにおすすめNEW! ベランダにおすすめ ベランダにおすすめ
花壇におすすめ 花壇におすすめNEW! 花壇におすすめ 花壇におすすめ

男性が喜ぶ贈り物 女性が喜ぶ贈り物

秋植え球根フェスティバル 観葉植物でコミュニケーションが活発になるってホント?

お歳暮にダンゼン!シクラメン早割特集 ちょっとしたひと手間で球根は元気に咲いてくれるんですよ!




トップページ

 

ホットアイテム

 

株主総会で胡蝶蘭を送りたいけど相場とかマナーって?

多肉の宝石箱

ダイヤモンドリリー

サザンクロス

お花のキャンドル

 

 

トップページ

 

 

お花あれこれ
古屋シャチョープレゼンツ
動画でお花の育て方
ゲキハナのYouTube
質問掲示板
お花の育て方
ゼラニウムを長雨から守る方法
パンジー・ビオラ特集
新聞にも載った、おしゃれな便利グッズ
ゲキ力剤を使ってみた!アジサイの水あげ
ゲキハナ社長 古屋が詐欺サイトで買ってみた!

 

営業日カレンダー
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

 

 

お知らせ
品質保証規定
送料について
 



>> ご不明な点は <<
まずはお電話を!
042-542-8180


どんな些細なことでも
気軽にお電話くださいね!
その場で疑問は即解決っ!


あなたのお花の主治医:フルヤです!

 

 

 

 

 

 
トップ > お花屋さんの育て方 > プルメリア

 

ゲキハナ流お花の育て方

プルメリアの育て方 〜お庭に南国の風が吹き込む〜


「花がもっと好きになる」「花がもっと楽しくなる」
を販売しているゲキハナです。



本来ご購入いただいた方に向けてお送りしている
育て方のサポートメールを特別にお見せしますね!


**


ゲキハナの「プルメリア」をお買い求めいただき、
誠にありがとうございます。


お家を一気に南国にいるかのような雰囲気にしてくれる
きれいな色味のプルメリア。


お花を思わず摘んで、髪飾りにしたくなってしまいそうですね。


そんな可愛いプルメリアの育て方をご紹介します。

 

 

―――――――――――――――――
1.プルメリアが届いた!
確認しておきたいこと
―――――――――――――――――

 

 


お花はついていません!

※花芽をご希望された方は、花芽がついております。


プルメリアはとっても気まぐれ。


その年に咲くのか、生産者さんでさえわからない
不思議な不思議なお花なのです。


南国出身のため、のんびりと過ごして、
ゆったりとした性格に育ったんでしょうね。


もし、きれいな花を咲かせてくれたら、
その年の喜びは絶大です。


気長に育ててあげてくださいね。

 

 

葉っぱも日焼けします

 

「葉っぱに点々やシミのようなものが付いている…。」


安心してください。
それは、葉っぱが人間と同じく日焼けしているのです。


これを葉焼けと言います。


プルメリアは葉焼けしやすい植物のひとつ。
健康には問題ありませんよ。


日よけして栽培するとひ弱で病気しやすくなってしまうので、
産地では原産国のタイに近い環境で、
直射日光をガンガンに当てて、元気に育てています。


そのため、葉焼けが出てしまうのです。


きれいな葉のプルメリアであることは、
商品販売の上でとても大切なことだと思います。


しかし、それ以上にお客様が育ててよかったと思えるような
丈夫で病気に強いプルメリアをお届けしたい。
そんな思いのもと、この状態で送らせていただいてます。


もしお届けしてから数週間以上経って
葉っぱにシミが出てきた場合は、病気の可能性が。
すぐにご相談くださいませ。

 

 

―――――――――――――――――
2.植え替えについて
―――――――――――――――――

 

 

6寸を超えるような大きなプルメリアの場合は、
すぐに大きな鉢へと植え替えてあげましょう。


年数が経っており、その分根っこも良く回っていて、
鉢の中はギュウギュウになっているのです。


植え替えて伸び伸びと育ててあげたほうが
お花も付きやすくなりますよ。


さらに南国を思わせてくれるような、
お気に入りの鉢を見つけて植え替えてくださいね。


注意しておきたいのが、夏に植え替える場合。


暑い日中に植え替えを行うと、根っこが暑さで弱ってしまうため、
必ず温度が下がった夕方以降に行いましょう。


日中に植え替えても大丈夫なのは、
6月までです。

 

 

鉢のサイズ

 

現在よりも二回り大きな鉢をおすすめします。


株の大きさと鉢のサイズが合わないと、
水やりのペースが難しかったり、
根っこを張るために栄養を取られてしまい
お花が付きにくくなってしまうことも。


サイズはしっかりと守りましょう。


4寸なら5寸へ、5寸なら6寸へ、
※4寸、5寸は翌年の3月下旬に植え替えです。

6寸なら8寸、9寸なら10号鉢へと植え替えてくださいね。

 

 

土(培養土)

 

プルメリアのお好みは、水はけの良い土。


そのため、観葉植物用の土がベストです。

 

 

植え替え方

 

鉢から優しく引き抜いたら、
そのまま植えるだけでOK。


もし根っこが回って上手く抜けないときは、
鉢の底から出てしまっている根っこはむしり取って大丈夫です。


鉢を叩いたり、
鉢と土の間をナイフのようなもので剥がすようにして抜きましょう。

 

 

―――――――――――――――――
3.プルメリアのお世話の仕方
春・秋・夏・冬
―――――――――――――――――

 

 

プルメリアは、タイやハワイ出身の熱帯植物。


そのため、ギラギラと照りつけるお日様が大好き。


1年を通して、元気に育てるお世話の仕方をご説明していきますね。

 

 

5月頃から真夏まで〜気温が30℃以下

 

置き場所

お外で思い切り太陽に当てて、伸び伸びと。


水やり

土がカラカラに乾いたら、鉢の底からお水がたくさん出るくらい
たっぷりとお水をあげましょう。


熱帯で生きているプルメリアは、
灼熱が続いたあとに突然来るスコールが水やりの代わり。


これを人工的に作ってあげるのです。

 

 

猛暑の夏〜気温が30℃以上

 

*置き場所

日本の真夏の日差しはエジプト並み。
さすがのプルメリアも直射日光の下では葉っぱが焼けてしまいます…。


そのため、この季節は外の日陰か半日陰に
置いてあげてくださいね。


*水やり

これまでと同じく、土が乾いたらたっぷりと。


引き続き、スコールを人工的に作りましょう。

 

 

寒い冬

 

置き場所

寒くなると葉っぱが落ちてきます。
病気ではないので、ご安心してくださいね^^


冬の間は冬眠するのです。


寒さは苦手中の苦手なので、
10℃以上のお部屋の中で育ててあげてくださいね。



プルメリアは5℃を切るとダメになってしまいます。


お日様の光が降り注ぐ南側の窓際がベストです。


床などの低い場所よりも、出窓や台の上といった高い場所の方が
温度が高いため、そういった場所に置きましょう。


ただ、夜の窓際は冷えてしまいますので、
夜は窓から30センチほど離してください。


暖房の風も苦手なので、
直接当たらないように気を付けましょう。


部屋の中で大切に大切に育てながら、
春が来るのを心待ちにしてくださいね。


水やり

葉っぱが落ちたら、水をあげなくても大丈夫。


心配になるかもしれませんが、
あの太い幹に冬を越すための栄養をモリモリ蓄えています。


そのため、新芽が「こんにちは!」と顔を出す春先までは
お水をあげなくても生きていけるのです。

 

 

さて問題です!

ここで問題です!



?
枝先がシワシワになったり、黒くなってしまう...。

こんな時、あなたならどうしますか?



回答
これは、日差しと温度が足りていないSOSの合図なので


傷んだ部分を切り取ってあげることで、
また新芽が出てきてくれますよ!^^

切った枝の中心が、緑色。
生きてるな。って言うところまで
思い切ってカットしちゃってくださいね!

 

 

5月以降〜20℃近く

 

置き場所

また5月以降くらいになると、葉っぱが出始めます。

そうなったら、お外へと出すサイン。
たくさん太陽と遊ばせてあげてくださいね。


水やり

去年の夏と同じく、土が乾いたらたっぷりと。
スコールを人工的に作りましょう。


こうして1年を通して、育てていくのです。
そのときに、愛情もたくさん注いであげてくださいね。


プルメリアも喜んでくれていますよ!

 

 

―――――――――――――――――
4.お花咲くかな?
気まぐれなプルメリア
―――――――――――――――――

 

 

気まぐれな性格を持つプルメリアは、
毎年お花を咲かせてくれるとは限りません。


「今年は咲いてくれるかな?」なんて心待ちにしながら
楽しみにしていてくださいね。


プルメリアが花を咲かせてくれたその年は、
とても良いものになりそう。

 

 

―――――――――――――――――
5.虫や病気を防ぐには?
プルメリアを守る
―――――――――――――――――

 

 

プルメリアは病気になりやすかったり、
虫がつきやすかったり。


それらからプルメリアを守るための方法を
お伝えしていきますね。

 

 

葉ダニ

 

白い粉のようなものや蜘蛛の巣のようなものがついていたら
それは「葉ダニ」と言われるものです。


乾燥しているときに付きやすいため、
こまめに葉っぱに水をかけたり、
濡れタオルで拭いてあげたりしてくださいね。


特に真夏は気を付けて、観察してあげてください。


予防のための葉ダニ用スプレーも販売されているため、
そちらを使うのもおすすめです。


しかし注意したいのが、暑い時間に薬剤をかけると
薬剤が熱くなり、植物が傷んでしまうということ。


必ず日が照っていない時間を選んで
使ってくださいね。

 

 

サビ病

 

「あれ?葉っぱにポツポツと茶色の点が…。」


それは、サビ病かもしれません。


このサビ病は、最初は針穴くらいの点々が出てきて、
次第に大きくなってきます。


そして葉色も悪くなってきて
植物を弱らせ、ダメにしてしまうのです。


胞子が飛んで、他の植物にも感染する恐れがあるため、
プルメリアを数鉢持っている方は、そのプルメリアたちも危険かも。


駆除をする方法は、サビ病にかかった葉っぱたちを取り除くこと。


農薬という方法もあるのですが、
真夏にかかりやすい病気のため、
炎天下の中での作業は、プルメリアにもあなたにもよくありません。


タイのプルメリアの育種や生産を行っている会社では、
サビ病にかかってしまっても、基本的には放置しています。


なぜなら、雨季に生育し、
乾季には葉っぱが全て落ちていくから。


勝手に葉っぱが更新されていくのです。


サビ病はプルメリア事態に致命傷を与えるといったものではないため、
深刻に考えるのはやめて、葉っぱを取り除いていってくださいね。


胞子になって飛んで感染する病気。
そのため、予防は毎日葉っぱにシャワーをかけて、
清潔に保つことです。

 

 

―――――――――――――――――
6.フルヤが答える!
プルメリアお悩み相談室
―――――――――――――――――

 

 

プルメリアを育て始めたお客様から
いくつか質問をいただいたので、
ケース別にご紹介していきますね。


------------------------------------------------
?
【1】茎が斜めになってるんだけど、どうしたら良いの?
<hironori様より>

届いた時点で、枝が、斜めに傾いていたので、
ちょっと気になっていたのですが、
時間が経ち、葉っぱも増えてきて、だいぶと育ってきました。

そこで、斜めに育っていっているせいと、
大きくなってきたということもあって、
鉢が重さに耐えられなくなって、倒れそうになっています。


回答
【フルヤの回答】

プルメリアは自然の植物のため、
茎が斜めに伸びているものも多々あります。

また、鉢は、意図的に小さめに仕立ててあります。

これは、鉢が大きいと、根を伸ばすほうに体力を使うため、
花が咲きにくくなる特性があるためです。


(鉢を倒れないようにする方法)

風などで煽られて倒れそうになることがあると思いますので、
その場合には、一回り大きな重い鉢を鉢カバー代わりにすると
安定してくれます♪


(斜めの茎をまっすぐにする方法)

長さ1mほどの支柱をホームセンターなどで購入し、
2本ほど使用して、プルメリアの茎を支柱に縛り付け
まっすぐに固定します。

プルメリアの茎は弾力がありますので、
ある程度まっすぐになったら
そのまま育てていただくと、
約1か月ほどでまっすぐになります。

 

 

----------------------------------------------------------
?
【2】品種によって成長しないのは、なんで・・?
<岩手県 munekichi様より>

HB101(肥料)を薄めてプルメリアに与えたら、
奇形の(縮れて曲がった)葉っぱが生えて、
成長が止まってしまった気がするのですが、
どうしたらいいでしょう?

ミニホワイトは成長してますが、
ケンズホワイトだけ成長しません。

置き場所は、家の外の庭で、方角は南、
日当たりは良好の場所だと思います。


回答フルヤの回答

肥料は、固形タイプなら、取り除いて、
液体タイプなら、1回お水をたっぷりあげて
流してあげた方が良いと思います。


葉っぱが出ないのは、
寒くて成長がゆっくりなだけではないかと思います。
(岩手県は、今(7/23現在)も最高気温が30℃いかないようですね!)

1年生でまだ根っこが張り切っていないので、
これから、ゆっくり次の葉っぱも出てきます。


奇形の葉っぱは、気になるようなら
取ってしまえば大丈夫ですが、
深く気にすることはありません(^^)

僕達スタッフが育てている植物も、
奇形の葉っぱがちょこちょこ出ますが、
ダメになってしまったり、お花が咲かなくなってしまう
わけではないので、ご安心くださいませ。


-------------------------------------------------
?
【3】葉っぱが黒くなって落ちたり、クモの巣が張ってるみたい・・。
<お客様より>

室内に置いていますが、
新しい葉っぱが、大きくなる前に黒くなって落ちてしまいます。

白いクモの巣が張ったような
葉っぱもありますが、何でしょうか?


回答フルヤの回答

新芽が落ちる理由は、日照不足です。
この時期は戸外の日陰に出してあげてください。

蜘蛛の巣のようなものは、葉ダニです。
葉に水をかけてあげることが、予防策ではあるのですが、
乾燥するようになると、つきやすい虫の一つです。

ついてしまった場合、葉を常に、濡れタオルなどで
拭くようにして駆除してください。

どちらも、プルメリアでは比較的多くみられる症状です。
とりわけ、緊急を要するような事態ではありませんので
ご安心くださいませ。


---------------------------------------------------
?
【4】葉が茶色く枯れてしまうのは何がいけないの?
<なお様より>

日本の夏の日差しは強すぎると聞きまして、
あっちに持って行ったりこっちに持って行ったりと
過保護に育てているからでしょうか?

朝:南向きのベランダの屋根下(日陰)
日中:南向きの部屋の窓際(カーテン有り)
夕方:西側の部屋の窓際(カーテン有り)
夜:南向きの部屋の窓際
曇っている時:南向きのベランダに出しっぱなしです。

水は、土の表面が少し乾いた感じになったら
500〜600cc位あげています。

新しい若い葉の付け根がしわしわしてます。
どうしてあげたらいいでしょうか?

それと、追肥のタイミングはいつぐらいでしょうか?


回答フルヤの回答

茶色くなったのは、「葉焼け」のようです。

到着後の葉焼けは、お家の環境に
慣れるためには必要な場合もあるので、
少々乱暴なようですが、葉が慣れるまで、
戸外に出しっぱなしにするのが賢明です。

その環境に慣れてしまえば、
あとから出てくる葉は元気なので大丈夫です。

南向きの窓際でカーテンなしの環境に
置きっぱなしでも大丈夫です。

お水やりの時だけ、
葉っぱの表と裏にもお水をかけてあげてください。

室内ですと、葉ダニが発生しやすいので、
その予防に効果があります。

今回の葉が黄色くなってしまった原因は、
お水の加減ではないようですので、
置き場所選びで解決しそうです。

まずは、汚い葉は取り外してしまい、
清潔に保てるようにしましょう。

葉が全部なくなったとしても、プルメリアは死にませんので
ご安心くださいませ。

尚、追肥のタイミングは
最高気温が20〜25℃の時期です。
秋にも初夏にも、同じ気温のタイミングがあると思います。
その温度帯が生育期となりますので、
肥料のあげ時となります。


----------------------------------------------------
?
【5】葉っぱが変色して、枯れ落ちてしまうんだけど。。
<らむね様より>

下の方の葉っぱが黄色く変色して、
枯れ落ちてしまいます。

上の方からは艶々の葉っぱが
どんどん出てきているので
葉っぱがなくなってしまうことはないのですが。。。

今は外の半日陰に置いています。
庭が西側なので 夕方の数時間日が当たる感じです。

真夏は室内に、ということなのですが
室内は基本的に日が当たらず
玄関はすりガラス越しに日が当たるのですが
気温は40度近くなってしまいます。

水は土が乾いてから、葉っぱにはかけずに
土にかけるようにあげています。

肥料は1週間に1回ハイポネックス ストレートシャワーを
あげていましたが 暑くなったので、今はあげていません。

自分で植物を育てるのは初めてなので
ちゃんと世話が出来ているか心配です。


回答フルヤの回答

結論からお伝えしますと、
問題なしなのでご心配しなくても大丈夫です。

新陳代謝だと思っていただければOKです。

西日が当たる場所に置いているので、
どうしても日差しがきつすぎて、
プルメリアは少し辛いと思うと
葉を落として休眠しようとします。

ただ、半日陰なので、夏場の状態としてはよいので
葉も茂ってきます。

この相反する2つの要素が絡み合って
下葉が落ちて、
新芽が出るという状況ができ上がってます。

東側の半日陰に置けば
解決するかもしれませんが
置き場所がないのであれば、
今の環境がベストですので、気になさらなくても大丈夫です。

肥料やりを中止したのは正解です。
30℃を超えると、プルメリアは休眠に入ろうとしますので、
肥料をあげると、それを消化することができず、
肥料過多の状態になったりします。


ちゃんとお世話できてますので、
大丈夫ですよ!


---------------------------------------------------
?
【6】暑いから、部屋の中に置いています。過保護すぎ?
<埼玉県 モンちゃん様より>

猛暑続きで、連日30℃を超える暑さなので、
家の2階の東側・・・朝日〜午前中の
日光の当たる場所に置いています。

風通しも良い方がと思い、換気扇や
空気清浄機をつけた部屋で過ごしてもらっています。

で、もうちょっと外気温が30℃以下になったら
外に出そうかと思っていますが、過保護すぎますか?

ハワイだと高温でも乾燥していて、カラッとしている土地柄ですが、
日本はジメジメしてるしゲリラ雨は襲ってくるしで、
外に出すのもちょっと心配ですが・・・

あと、鉢がちっちゃくて根っこが浮き出ているので、
かぽっとはずしてそのまま根を崩さずに
大きなスリット鉢に植えて土だけ補充したほうがいいのか・・・

それともこのまま
夏を越しても大丈夫なのか・・・教えて下さい。
(@_@;)


回答フルヤの回答

まず結論から言いますと、植え替えは来年の5月頃がイイです。
今植えかえると、死んでしまう可能性が大です。

今は、テラコッタなど重みのある鉢を鉢カバー代わりにすることで
倒れないようになりますから、そのようにされたほうが良いですよ(^^)


置き場所は、室内でも戸外でもOKです。
基本的に、湿度が足りないと葉ダニの害が出ますので、
葉の裏側を中心に、
1日3回ほど(朝昼晩)霧吹きをされたほうが良いです。

その湿度のことを考えますと、鉢が倒れない限り、
戸外で豪雨に当たってもOKなのです。

いわゆるスコールですから、
熱帯の気候(タイなどプルメリアの原産国)に近くなっております。



-------------------------------------------------------
?
【7】猛暑で、葉っぱが黄色くなってボトボト落ちてしまいました。
<うかい様より>

5月に購入後、7月末までは、
多くの葉っぱもすくすく育ち、お花が咲くかもと期待してましたが、
8月の猛暑で、葉っぱが黄色くなって
ボトボト落ちてしまいました。

たぶん日焼けと思われます。

今では葉っぱの芽が多少残っているものの、
一足早くに一枚の葉っぱもない落葉の秋状態です。

大阪のマンションで、南東向きのベランダ6Fで、
お花が咲きやすいかと思って
朝から昼前くらいまでは日差し入るところにおいてました。

以下の2点についてアドバイスをお願いします

,海僚の養生のさせ方
⇒菁の夏の越させ方


回答フルヤの回答

8月から様子が変わってしまったとのこと。

もしかして、ベランダにエアコンの室外機が出ておりませんでしょうか?

その場合、暑さだけではなく、室外機の熱風もあわせた
水枯れにより、葉が落ちてしまったことが考えられます。

仮に葉が落ちたとしても、死んだりはしませんので
朝晩、たっぷりのお水で鉢の中をしっかり湿らせてあげれば
方角的に考えられる陽の入り方であれば、
新芽が出てくると思います。


<秋の養生について>

最低気温が10度くらいになるまでは
そのままベランダ管理で大丈夫です。
12月上旬頃からこの気温を下回ると思いますので、
室内の窓際に移してください。

その後、水を切り年明け1月頃から
休眠させる方向の管理が良いと思います。


<来年の夏越し方法>
8月からは室内の窓際に置いていただくことをお勧めします。

戸外でも良いのですが、エアコンの室外機が一番厄介です。
室外機がない場所がない場合は、室内の南の窓際で。
室内は乾燥しますので、葉ダニの発生が心配です。

朝晩2回、葉の裏側を中心に、たっぷりの霧吹きを
かけてあげて、葉ダニの予防をお願いいたします。



-------------------------------------------------
?
【8】葉っぱの緑色が薄くなってきて、波打っています。
<山口県 yukiさまより>

8号鉢に植え替え元気にしております。
この時期に外へ出しっぱなしで夜露にも当たっていいのでしょうか。

届いたときに比べて、緑色が薄くなってきて、波打っています。
肥料は、どの時期に、どのようなものを施せばいいのでしょうか。
よろしくお願いします。


回答フルヤの回答

葉っぱが波打つのは気温のせいです。

肥料は今は与えてはいけません。
もうすぐ寒くなるので。

植え替えをされていらっしゃるので
今は根っこが頑張っている分、
葉っぱはシャキッとはなりません。

夜露に当たっても問題ないです。
最低気温だけ守ればOKです。

プルメリアは南国では
そのへんに生えている庭木です。

切っても切っても枯れない丈夫な木です。

ただ、過保護にするとすぐ枯れます(笑)

肥料は来春。4月頃が良いですね。
年に1回で十分です。

肥料をあげすぎると花が咲きません。

放置が良いです(^^)

葉っぱが黄色くなってもさほど心配しなくていいです。

あと2ヶ月もしたら
葉っぱは全部落ちますので。

と、これくらい気楽にやるのが一番です♪



-------------------------------------------------
?
【9】去年の花芽は切った方がよいですか?
<岡山県 cazumi♪さまより>

そろそろ、暖かくなってきましたが、
プルメリアは外に出したらよいですか??
無事に越冬し、花芽が立ちあがった枝もあります。

そろそろお水もあげてもよいですか??
去年の花芽がそのままのもあるのですが、
切った方がよいですか??
自然に落ちたのもあるのですが・・・



回答フルヤの回答

もちろん、もう外に出しっぱなしで大丈夫ですし
お水も与え始めてください♪

花芽も上がってきたとのこと。
これから徐々に蕾が大きくなって
1ヶ月ほどで咲きますね!

楽しみですね!

昨年のツボミの残りは切っても切らなくても良いです。
勝手に落ちますので、お好きな方でお願いします。

基本、庭木なんで自由奔放で良いですよ!



-------------------------------------------------
?
【10】幹がプニプニしているのですが、これが普通?
<北海道 くみさまより>

今日気づいたのですが、幹?の部分がつまむとプニプニしているのですが
これが普通なのでしょうか??

先っぽのみどりのところは固いのですが、
木のところはバスケットほどは固くなく、
バレーボールより少し柔らかいくらいです。

北海道なので、30度近く天気の良いときはベランダに出して、
外気温が20度ほどの時は家の中の
25度くらいの窓辺の明るい所においています。
夜は常に家の中です。

お水は土に指をさして土が乾いていたら
鉢底から水が出てくるくらいたっぷりあげています。

届いてから二回ほどあげたのみで、
先日初めて幹を触って
うちにある他のプルメリア(プラチナムホワイト)と触り心地が違った為、
質問させて頂きました。

鉢を大きいものに変えたかったのですが、
この状態で変えていいのか迷った為
現状維持の状態です。


回答フルヤの回答

先ずやっていただきたいのは
外に出しっぱなしにし放置することです。

夜間5度以下に下がるようであれば
室内に取り込むことは良いことですが
(寒さから守るため)
それ以外の理由で室内に取り込むのは
病気の発生や、葉ダニの発生、
そして、鉢の中の水分の乾きを遅らせることになり
百害あって一利なしです。

まずは外に出しっぱなしにしてください。
(基本的に5度以上なら戸外放置が一番良いです)


プルメリアは多肉植物に近い幹の性質を持っています。

張りがないのは水分が足りていない時などです。
また、日照不足も影響します。

鉢の中の水が乾かず、お日様にも当たらず
(室内の紫外線量では完全に不足なのです)
鉢の中の水分が動かない状況はあまり良くありません。


水枯れ気味、もしくは鉢の中が湿ったまま(室内で)
のいずれかの場合に、コンディションが悪くなります。

外に出して放置することで
1週間ほどで回復してくれると思います。


また、弱っている時に肥料は禁物です。

まずは外に出してくださいませ。


植え替えですが、根が詰まり気味になってからで良いです。
鉢の上まで根が出てくるようになったら植え替えてくださいね!



**

南国の風をお庭へ吹かせてくれるプルメリア。


きれいで可愛いお花は
あなたを癒しの世界へと連れていってくれるはず。


たくさん可愛がってあげてくださいね。



**


もし!
お花の育て方で、分からないことや不安なことがあれば、すぐにご連絡くださいね。
私たちゲキハナメンバーが、みなさまの困ったを一緒に解決いたします!
ご質問はこちらから♪



販売中の商品はコチラ

     
プルメリア    
     
 ※ほかにも色々! < プルメリア特集

ページTOP ▲

 

 

ページトップへ

 

 

春の花 玄関におすすめ 夏の花 玄関におすすめ 秋の花 玄関におすすめ 冬の花 玄関におすすめ
ベランダにおすすめ ベランダにおすすめ ベランダにおすすめ ベランダにおすすめ
花壇におすすめ 花壇におすすめ 花壇におすすめ 花壇におすすめ

 

アイテムサーチ
検索 
 お支払方法


●各種クレジットカード (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
●代金引換
●後払い(銀行・コンビニ・郵便局)
●銀行振り込み(前払い)
●アマゾン ペイメント(アマゾンアカウントが必要です)

 領収書・納品書
●領収書が必要な場合は
注文フォームの備考欄にお書き添え下さい
尚、代引きの場合には運送会社よりお受け取りくださいませ
●納品書に関して
ギフト商品には一切同梱いたしておりません
安心してお買い物くださいませ

 送り主を連名に
●送り主を連名にされる場合は
忘れずに「注文フォームのお名前」を連名にしてください

 個人情報について
弊社では、お客様の大切な個人情報を第三者に譲渡・利用する事は一切ございません
ご安心くださいませ

 お問合せ先
ご不明な点・ご質問などは、遠慮なくお問合せください^^
電話:042-542-8180
営業時間: 平日10〜17時(土日休み)
 
 送料
●送料無料商品について
 本州送料無料です
(遠方は、下記の追加送料がかかります)
 北海道480円、中国290円、
 四国・九州480円、沖縄3500円
●通常配送について
 北海道1450円、北東北1150円、南東北950円、
 関東・信越・中部・北陸900円、
 関西1150円、中国1250円、四国1350円、
 九州1450円、沖縄3800円
※1個口につき1配送料が適用となります

 お届けできない地域
●伊豆諸島・小笠原諸島・鹿児島県(喜界町・十島村・三島村)
●沖縄県(宮古島・北大東村・南大東村・八重山郡)
※冬期凍結期間は寒冷地へのお届けは控えさせていただく事がございます

 到着日予定
●ご注文日より4日目以降の到着日をご指定ください
●数ヶ月先の到着日のご注文もお受けできます
※到着日指定できないもの
 ページに指定不可の記載のあるものは到着日指定ができません

 梱包について
梱包は基本的にエコ仕様の段ボールにて発送いたします

 同梱包について
産直商品のため同梱包できるものとそうでないものが混在いたします
●同梱可能な場合は
できるだけ同梱させていただきます
●植物が傷む可能性がある場合には
別梱包にてお届けさせていただきますのでご了承ください